© Futmesa Japan All rights reserved.

DSCF0596

20155/17

フットメザ in 2015東京国際ユース(U-14)サッカー大会

4月30日〜5月2日までの3日間、選手宿舎である東京プリンスホテルの一角に3台のゲームボードを設置し、国内外9ヶ国、14の地域から集まった選手同士の交流ツールの一つとして、フットメザを提供しました。期間中、フットメザブースは常に様々な国の言葉、ボールの行方に一喜一憂する選手たちの笑い声や歓声、ため息、若いエネルギーで溢れていました。

IMG_5607

すぐに道具を持って自分流で始める子、他の子のプレーをじっと観察して覚えようとする子、細かいルールまで身振り手振りで質問して一生懸命学ぼうとする子など様々でしたが、1日目に訪れた選手のほとんどが、3日間通してフットメザブースを訪れました。

DSCF0756

ブラジルサンパウロ州代表として参加したコリンチャンスの選手たちは、フットメザを見ると真っ先にプレーし始めました。後から来る他の国の選手はコリンチャンスの選手たちがプレーするのを見てルールや道具の使い方などを学んでくれたので、スタッフとしてはとても助かりました。

DSCF0747

さすがはサッカー選手の卵たち。ルールや道具の操作になれてくると、早い段階でフィールドサッカーとの共通点を見つけ、選手同士で教え合ったり、チーム内で戦術を練る姿が見られました。

DSCF1100

3台のテーブルそれぞれに特徴があり、「じっくり真剣テーブル」、「ルールそっちのけでとにかく盛り上がるテーブル」、「初心者講習的テーブル」など、それぞれの楽しみ方をしていました。本大会では実現しなかったチーム同士の対決も、フットメザのピッチ上ではいくつも実現しました。

IMG_5706

フットメザで一戦交えた後は、次の順番が回ってくるまでの間に会話をしたり、写真を撮ったり、選手同士が交流する微笑ましい場面がたくさん見られました。『FUTMESA FAZ AMIGO(フットメザ ファイズ アミーゴ|フットメザをすれば友達)』を強烈に体感した3日間でした。若いエネルギーに負けじと、フットメザへの情熱で必死に対応したスタッフのみなさん、お疲れ様でした!

IMG_5702

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

S7446531

2017東京国際ユース(U-14)サッカー大会

『2017東京国際ユース(U-14)サッカー大会』(東日本大震災被災地域を含む、12の国と地域が参加)が5月3日~6日に開催されました。フッ…

S__7446538

「あかりパーク」を終えて

2016年11月3日~6日「上野恩賜公園 噴水広場 国際テント」にて、グリーンエネルギーとひかりをテーマにしたイベント『創エネあかりパーク2…

omote-0522

インターナショナルフェスティバルin 川崎2017

日時:2017年7月2日(日)10:00~16:30 場所:川崎市国際交流センター *フットメザ体験ブースは、正面入口近く野外ステージの…

chirashi2017

フットメザ講習会&体験会開催!

上記日程にてフットメザ講習会&体験会を開催します。 みなさまふるってご参加下さい!…

m-visual

創エネあかりパーク2016に出展します。

グリーンエネルギーとひかりをテーマにしたイベントで、いろいろな楽しいアトラクションやアート作品が出展されるようです。ご家族やお友達とぜひ遊び…

ページ上部へ戻る