© Futmesa Japan All rights reserved.

歴史

history_001フットメザは子供の遊びとしてブラジルで始まりました。当時は、洋服のボタンやガラス製の時計カバーを道具として使っていたそうです。その後、1929年にジェラルド・カルドゾ・デ・デコルト氏によって最初の公式ルールが定められ、スポーツとしての歩みが始まりました。

1988年にはブラジルスポーツ評議会(CDN)の承認を受け、正式にスポーツとして認められました。ブラジルテーブルボタンサッカー協会(CBFM)は、「1タッチルール」、「3タッチルール」、「12タッチルール」を公式ルールとしています。これまでに1タッチルール24回、3タッチルール20回、12タッチルール19回の全ブラジル大会が開催され、今日では各大会とも、ブラジル各地の予選を勝ち抜いた200人以上の選手が出場しています。また現在、ブラジルには14のフットメザリーグがあり、競技人口も30,000人にまで増えています。

history_0022009年5月に初めての世界大会がハンガリーで、2012年6月に第2回世界大会がブラジルのリオデジャネイロで開催されました。リオ大会には世界11カ国(ブラジル・アルゼンチン・カナダ・イタリア・ルーマニア・セルビア・ハンガリー・ポルトガル・アメリカ・日本)の130名の選手が出場し、フットメザ競技が世界に広まりつつあることを示しました。

使用される道具も、時代と共に様々な素材へと変化・改良が重ねられました。現在はアクリル素材のものが最適とされています。

S7446531

2017東京国際ユース(U-14)サッカー大会

『2017東京国際ユース(U-14)サッカー大会』(東日本大震災被災地域を含む、12の国と地域が参加)が5月3日~6日に開催されました。フッ…

S__7446538

「あかりパーク」を終えて

2016年11月3日~6日「上野恩賜公園 噴水広場 国際テント」にて、グリーンエネルギーとひかりをテーマにしたイベント『創エネあかりパーク2…

omote-0522

インターナショナルフェスティバルin 川崎2017

日時:2017年7月2日(日)10:00~16:30 場所:川崎市国際交流センター *フットメザ体験ブースは、正面入口近く野外ステージの…

chirashi2017

フットメザ講習会&体験会開催!

上記日程にてフットメザ講習会&体験会を開催します。 みなさまふるってご参加下さい!…

m-visual

創エネあかりパーク2016に出展します。

グリーンエネルギーとひかりをテーマにしたイベントで、いろいろな楽しいアトラクションやアート作品が出展されるようです。ご家族やお友達とぜひ遊び…

ページ上部へ戻る